店舗がリースを取り扱う為にはどうするの?

一人でも多くのお客様に来店頂き、新車や中古車の購入、点検や整備、車検や洗車などのメンテナンスなどを行うために、様々な集客方法をご検討頂いていると思います。
そんな中、集客商品の一つとして「新車リース」が最近人気を集めていますが、既にお取り扱いされているでしょうか? 月々の支払い金額を抑えて、最新技術が搭載された新車に乗れるメリットがあるリースは、法人だけではなく個人にも浸透してきています。
そこで今回は、新しい集客商品として多くの店舗からお問い合わせを頂いている新車リースについて、新車リースの基礎知識やメリット、内容が似ているローンとの違いなどをまとめてご紹介します。 取り扱い商材が増える事により、獲得できるターゲット層も幅広くなりますので、是非参考にしてみてください。

今は新車リースが人気なの?

新車リースが人気な理由


最初に、新車リースの現状についてご紹介します。
若い世代を中心に広がりを見せている新車リースは、多くのメリットがあります。

・月々の支払いが少なくて済む

新車リースの最も大きなメリットは「月々の支払いが少なくて済む」事です。 通常のマイカーローンは、車両本体価格に加えて、オプションなどの諸費用を合算した金額を分割で支払っていきますし、 それ以外にも任意保険などの自動車保険料、駐車場を借りるなら駐車場料金、車の走行に欠かせないガソリンなどコストが多く掛かります。 そのため、月々の支払い金額が増える事が大半です。

新車リースの場合は、契約年数(3年間・5年間7年など)に応じて購入する車の残存価格を設定して、新車リースの契約満了時にそれまで乗っていた車を査定し、査定金額が残存価格を上回っていた場合は、キャッシュバックされます。 また、新車リースが契約満了になった時には、乗っている車をそのまま乗り続ける「契約延長」、それまで乗っていた車を返却した上で新たに契約を結び直す「乗り換え」、残存価格を全額支払う事でそれまで乗っていた車を手に入れる「買取り」の3つがあります。

予め残存価格を設定しておく事で、車両本体価格を全額支払う必要がないので、結果として月々の支払い金額が低く抑えられます。

・人気の新車も安く乗れる

現在販売されている新車リースの広告を見てみると、「国内全自動車メーカー全車種が選べます」と書いています。 ハイブリッド車や電気自動車、自動運転技術が搭載された最新の新車を選べるのは、これから新車を購入しようと考えているお客様にとっては大きなメリットです。 ちなみに、新車リースは購入する車種によって月々の支払い金額が異なるのも特徴で、購入したい車と月々の支払い金額とのバランスを考えて新車リースを使うかどうか検討できるのは、お客様側からしたらメリットにもなります。

・税金や車検など諸費用がコミコミ

これも新車リースの特徴ですが、税金や車検などの諸費用がコミコミです。 車に掛かる税金と言えば、自動車税や軽自動車税がありますが、それ以外には重量税もあります。 燃費性能に優れて定められた基準をクリアした車を購入した場合には、自動車税減免もしくは免税になります。 税金以外の費用も新車リースには含まれています。 新車を購入したら3年後受ける車検費用も、新車リースの月々の支払い金額に含まれています。 通常は車検が近付いたら高額な車検費用を準備する必要があり、車検費用を工面するためにローンを組む場合もあります。 ただでさえ車両本体価格などの支払いがあるにもかかわらず、車検を受けるために新たにローンを組むのは大変です。 新車リースにはそういった費用が含まれているので、車検の度に車検費用を心配する必要がなくなります。

店舗でも新車リースを取り扱えるの?

自動車販売店でリースを取り扱う事ができる

ここからは、店舗でも新車リースでも取り扱えるかどうかご紹介します。 新たな集客方法として導入を検討されている店舗は必見ですよ。

・カーリース取扱い業者の「加盟店」になればOK

結論からいうと、新車リースを取り扱っている業者の「加盟店」になればOKです。 多くのリース会社は中古車や新古車も扱っていますが、今は新車をメインに取り扱っている業者も多いです。 まずカーリース取扱業者の加盟店になるメリットとして仮にその業者がいくつかのリース会社と提携していればその中から自分の店舗にあったリース会社、お客様にあったリース会社を使い分けできますので1つ1つのリース会社と提携する手間がはぶけます。 他にもカーリース取扱業者ならではのサービス(販促品、立替金不要など)もありますのでチェックが必要です。 販売方法としては通常のローン同様に販売すれば問題ないですが注意点としては残価が買取り金額ではない事の説明や車両登録時に税金を使用者課税(お客様)ではなく所有者課税(リース会社)にしなければならなかったり販売後の車両代金入金についてはローンのように車検証のコピーだけではなく車検証のコピー、自賠責保険のコピー、リサイクル券のコピーが必要になります。 リース販売を導入する前に細かなローン販売との違いを確認することも大切です。

新車リースのメリットはなに?

新車リースを取り扱うメリット

ここからは新車リースのメリットについてご紹介します。 メリットを確認した上で購入を希望されているお客様との会話に役立てて下さい。

・好きな車種やボディカラーが自由に選べる

リースだからと言って車種や色、グレードに大きな制限はなく、自分が欲しい車を購入できます。 また、メーカーオプションや販売店オプションも自由に選べます。 リースと聞くと、自分が欲しい車は購入できないかと不安になるお客様もいらっしゃいますが、こういった事ならお客様の購入を促してくれるでしょう。 その一方で、メーカーオプションや販売店オプションが大量に搭載してしまうと、それに伴ってリース料金も高額になるので、搭載し過ぎには注意が必要です。

・毎年支払う税金や車検などの費用が不要

月々支払う新車リースの料金には、毎年支払う自動車税などの税金を始め、新車購入から定期的に訪れる車検など、車に掛かる諸費用も含まれています。 また、新車の登録に掛かる諸費用、車検の時に掛かる重量税、万が一の事故に備えて加入する自賠責保険もリース料金に組み込まれています。 さらには、新車を購入する時に搭載するお客様が多いカーナビゲーションやETCなどのオプション料金も含まれているので、面倒な金額管理も心配ありません。 こんなに便利にもかかわらず、月々の支払い金額は変わりませんし、自動車税などの税金や高額な費用を準備する必要がある車検でも、慌てることがないのも安心です。

・リースを取り扱える事で購入のハードルが下がり販売促進に繋がる

ここまでご紹介した新車リースの特徴は、お客様にとっても購入するハードルが下がりますし、お客様には「高額な費用を準備しなくても新車に乗れる」と安心して頂けます。 レンタカーやカーシェアリングが普及して車を購入する形が変わってきても、新車の購入を勧められるので、自動車販売店にとっても営業がしやすい方法です。 ちなみに、とあるインターネット調査で新車を購入する方の意識調査でも、新車を購入する方法として新車リースが多くの割合を占めていました。

リースとローンのメリット、デメリット?

新車リースとローンの違いは何?

ここからは、リースとローンのメリット、デメリットについてご紹介します。 よく似た車の購入方法ですので、お客様に説明する前にご確認下さい。

・メリット

「リース」
月々の支払い金額に税金や車検、メンテナンス費用が含まれていますので、車に掛かる急な出費の心配をしなくてもいいのがメリットです。 また、車検の手続きや整備などの準備などは、購入した店舗にお任せでいいので、車の管理も安心です。
「ローン」
購入した時点で自分の財産になることと、月々の支払いが終わるとそのまま車に乗ってもいいですし、次の車への乗り換え費用に充てるため売却するのも自由です。 最近では、下取りではなく車の買取りを一括査定してくれるWebサイトもあり、自分が思う以上の高額査定を受けることもあります。

・デメリット

「リース」
リースはあくまでも「車を借りる」契約なので、契約内容によっては契約終了後乗っていた車を返却する場合もあります。 契約終了後に車を買い取ることもできますが、その場合は最初からローンを組んだ時よりも高額になる場合もあります。
「ローン」
自分の財産になるメリットがありますが、点検や洗車などのメンテナンスなどを全て自分で行なうことになります。 また、整備や車検では月々の支払い以外の費用が発生します。

新車・中古車どちらでもリースは取り扱えるの?

新車・中古車のどちらでもリースを取り扱う事ができる

最後に、リースで取り扱える車種についてご紹介します。

・新車・中古車どちらも扱える

リースは新車と中古車のどちらも取り扱えます。 また、新古車もリースで取り扱えますが、最近では利益率の関係で新古車をリースで取り扱う店舗が増えています。 新古車が人気の理由は、店舗が車を登録ためだけにナンバープレートを取得し、走行距離も極小で、ほぼ新車と変わらない状態なため、車を安く購入したいお客様から支持を集めています。

まとめ


今回は、新車リースの基礎知識やメリット、ローンとの違いなどをご紹介しました。 初期費用の高さで新車購入を思いとどまっているお客様にとって、月々の支払い金額を抑えられるのは魅力的ですし、販売店においてもお客様との中長期的なお付き合いができる、一石二鳥のサービスです。 自動車を購入したいお客様のニーズに応える新車リースの導入を、本格的にご検討されてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事