スズキの歴史や創業からのルーツとは?

日本の軽自動車界ではトップを走り続けるスズキ。 また、二輪業界でも有名な存在ですよね。 現在ではインドでのシェアも高く、世界でも販売台数トップ10に入るほどです。 そんなスズキのルーツを遡ってみていきましょう。

スズキの歴史、創業から現在

スズキのルーツ

スズキの歴史について、創業から現在に至るまで順を追ってみていきましょう。

《スズキの歴史は振り返る》

スズキは1909年、創業者の鈴木道雄が「鈴木式織機製作所」を起こしたのが始まり。

鈴木道雄はホンダの創業者である本田宗一郎と同郷。

もともとは大工だったのですが、仕事が減ってきたために織機製作を手掛けることになったことがきっかけで立ち上げたんだそうです。

・1920年、鈴木式織機株式会社として設立。

・1952年、バイク事業に参戦。原付きバイクである「パワーフリー号」を発売しました。

・1953年、60ccのバイクモーター「ダイヤモンドフリー号」を発売。当時のバイクブームにのったことで、月産5,000台という大台にのりました。

・1955年、には125ccの二輪車「コレダ号」を発売し、主力商品に。

さらに同じ年に四輪事業に進出し、軽四輪乗用車の先駆けとなった360ccの「スズライト」を発売しました。

・1958年、今ではおなじみとなったスズキのロゴ「S」マークが制定。

・1970年、軽SUVの先駆けでロングセラーモデルとなる「スズキ・ジムニー」が発売。

・1979年、大人気モデルとなった「スズキアルト」発売開始。「アルト47万円」というキャッチコピーは大きな話題となりました。

CMが良かっただけではなく、小回りがきいて取り回しの良さが女性に大ウケ。

相乗効果で大ヒット車種となりました。

・1981年、アメリカのゼネラルモーターズ(GM)と提携。

・1990年、現在の名称である「スズキ株式会社」に改称しました。

・1993年、大ヒットモデルとなった軽ハイトワゴンの先駆け「スズキワゴンR」が新発売。

今でこそダイハツ・ムーヴやホンダ・N-BOXといった軽ハイトワゴンが乱立していますが、そのブームの始まりはスズキでした。

・1999年、富士重工業(スバル)との業務提携開始。

・2008年、GMの保有株を全て自社買取して資本提携を解消。

・2009年、フォルクスワーゲン(VW)との包括的業務資本提携を発表したものの、2011年には取締役会で提携解消を決定。2015年に正式に提携解消となりました。

・2012年、米国での四輪車販売から撤退。ただし、引き続き二輪車販売は続行。

・2018年、トヨタ自動車とインド市場でのOEM供給について基本合意。

 

と、ここまで歴史を追って見てきましたが、軽自動車界の先駆け的存在だったことがわかります。

・軽SUVのスズキジムニー

・大ヒットモデルのスズキアルト

・軽ハイトワゴンというジャンルを作ったスズキワゴンR

 

いずれも軽自動車で新しいカテゴリーを開拓したモデルです。

今でも人気の高い車種となっており、中古車市場も盛り上がっていますよね。

軽自動車を語る上で、スズキはなくてはならない存在となっています。

スズキ自販〇〇や〇〇スズキなどは何が違う?

スズキのディーラーにも種類があります。

街中で「スズキ自販〇〇」や、「〇〇スズキ」などの看板を見ることがありますよね。

この違いは、スズキの営業形態の違いにあります。

・スズキ自販〇〇・・・直販営業

・〇〇スズキ・・・・・業販営業

 

スズキはメーカー直販の「直販営業」の店舗と「業販営業」の2形態があります。

「スズキ自販〇〇」は基本的に資本関係のあるスズキの子会社が運営しており、上で言う「直販営業」にあたります。

〇〇には、多くの場合都道府県名が入っているのが特徴です。

それとは別に「〇〇スズキ」など、「スズキ自販」と名のつく会社以外の多くは資本関係のない地域の事業者による販売店であり、「業販営業」の店舗ということになります。

いわゆる「フランチャイズ契約」のようなものと捉えると考えやすいですね。

 

ちなみに、街でよく見かける「スズキアリーナ」という名前のお店は、もともと「スズキ・カルタス」という小型車をメインで販売していたお店を再編したもの。

採算性がとれなくなったために、普通車・中古車も取り扱うスズキアリーナとして2000年に生まれ変わったんだそうです。

スズキアリーナは、直販営業の店舗もあれば業販営業の店舗もありますので、この名前だけで判断することは難しいですね。

 

まとめ

スズキの歴史を見てきましたが、軽自動車界の先駆け的存在であり続けている印象を受けます。 現状で残念なのは、かつて盛り上がっていた軽スポーツ枠にあたる車種が「アルトワークス」しか存在しないこと。 カプチーノという名車もあったことですし、今後またそういった楽しいクルマが出てくることを楽しみに待っていたいですね。 今後のスズキのラインナップの変化に注目していきましょう。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事