管理はどのような方法で行っていますか?

ドキッとした方も少なくないのではないでしょうか。
特に個人で経営されている車屋さんや中古車の販売店さんなどは、日々の仕事に追われてなかなかうまく管理できていないことも多いですよね。
実際にできていない方でも、なんとなく「顧客管理はしなきゃいけないよな・・・」とは思っているのではないでしょうか。
顧客管理がうまくできれば、自動車を販売後のフォローもうまくいくもの。
そうすれば自社のファンになっていただく第一歩に繋がります。
というわけで、今回は顧客管理の重要性とその方法について紹介していきます。
顧客管理を徹底して、長期的な目で車の販売促進につなげていきましょう。

顧客管理の重要性

車屋さんの顧客管理の重要性

「顧客管理」と一言で言っても、ただお客様の個人情報を整えておくことだけではありません。 販売履歴はもちろん車の点検履歴や商談履歴、そして家族構成など、きめ細かい顧客管理が重要です。 なぜなら、お客さまとの会話・商談を行っていく上で非常に重要な資料となるからです。 細かい履歴やお客さまの背景がわかっていれば、お客さまから言われる前にこちらから提案することが可能になります。
例えば、
・○月○日の点検の時にオイル交換したのが最後ですから、そろそろオイル交換の時期ですよね。
・新車購入からそろそろ7年ですよね。車検の時期ですが、車の買い替えも考えてみませんか?小さいお子さんもいらっしゃいますし、次はミニバンなど大きい車はどうですか?
などなど。
点検や整備の提案から新車の車種選定まで、きめ細やかな提案が可能になります。 それによってお客様との関係地ができ、健全な経営に結びつけていくことが重要です。 行き当たりばったりの営業・経営ではなく、長期的に見て戦略的に動くことが大事ですね。

顧客管理を徹底する事でこう変わる

車屋の繁忙期はいつ?

顧客管理を徹底することで得られるメリットは主に次の2つ。

①お客さまに合わせたサービスの提供でファン(リピーター)の獲得に繋がります。

顧客管理ができていれば、お客さまの背景に合わせたサービスを提供することができ、ファンの獲得に繋がっていきます。 今、お客さまの生活背景などがどのようになっているのか。 車の状態はどうなっているのか。 それらの情報を組み合わせてきめ細やかな提案をしていけば、 「私達のことをよくわかってくれている」と、信頼度の向上に繋がります。 細かい気遣いは意外にうれしいもので、サプライズでプレゼントを貰ったようなもの。 そうやってお客さまをファン化することで、健全経営にも繋がります。

②無駄な広告宣伝費の削減

新車を買ったばかりのお客さまに対して、「中古車販売セール」のようなチラシを送られたらどう思いますか? お客さまからすれば不要な情報ですし、関係性にマイナスの影響をあたえてしまう可能性もあります。 しっかり顧客管理が出来ていれば、チラシの送付や案内ひとつにしても
・新車購入後2年半以内の人は除外
・ただし、来春から新社会人になる予定のお子さんがいる方の家庭は含む
など、顧客情報が管理されていれば条件付けをして無駄な広告宣伝費を削減する事も出来ます。 お客様にとってお得な情報を求めているタイミングでお知らせする事が最も重要です。

顧客管理はどうすれば良いのか?

顧客管理システム

顧客管理ではどのような情報を管理しなければならないでしょうか。 重要な情報は主に次のとおりです。
①個人情報
②車両情報
③商談履歴
④見積履歴
⑤請求履歴
などなど。
細かいことを言えば、①の個人情報についてはお客さまの好みや家族構成なども挙げられますし、②の車両情報には点検履歴等も含まれます。 また、この中でも特に①の個人情報や③の商談履歴は、アプローチする手段を広げるためにもなるべく詳細まであった方がいいですね。 これらをゼロから作り上げるのは、 「時間と労力がかかりすぎる・・・」なんて思いますよね。 そんなときは「顧客管理ツール」の導入をおすすめします。 上で紹介した顧客管理に必要な情報を網羅でき、システムに入力していくだけで管理ができるので非常に便利です。 顧客管理だけでなく、中古車などの在庫管理システムも一緒になっている管理ツールもあります。 在庫管理ツールがあれば、中古車の情報を登録するだけで詳細情報をパソコンだけでチェックすることができますので、業務効率化も実現可能です。 これから顧客管理を整えようとしている方は、一度ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

・顧客管理はファンづくりに欠かせない重要なもの
・顧客管理を徹底することで健全経営に繋がる
・顧客管理ツールで便利に管理できる
自動車販売はお客さまがいなければ成り立ちません。 一人ひとりを大事にしてファンを広げることで、健全な経営に繋がります。 顧客管理を徹底して、「ここなら何度でもお願いしたい」と思われる営業をする事が重要ですね。