Googleマイビジネスとは?店舗オーナーなら知っておきたい初心者でも簡単な活用・登録方法

売上を伸ばしたい、幅広い層からの顧客を獲得したい、そう考えている店舗オーナー様にとってGoogle検索で自社店舗を表示させたいと願う方は少なくないでしょう。 検索画面で少しでも上部に表示されると、より多くのユーザーの目にとまる事から自社店舗の情報をユーザーに届ける手段としては効果的です。 また購買意欲の高いユーザーにクリックされる事は来店や購入に直結する可能性が高く是が非でも対策を講じて成果に繋げていきたいものです。 特定のキーワードを入力して検索すると上部に表示されるローカルパック。 ここに店舗情報が表示される為ユーザーの目を引きつける重要な部分になります。 特定の地域に密着した情報を提供して、周辺のマップとともに表示されます。 一体どのようにしてローカルパックに店舗情報を掲載しているのでしょうか? きっと広告費が高いのでは?そう懸念している方に驚きの事実ですがこれは無料のサービスです。 特別な料金を必要とせずにGoogleマイビジネスに登録している店舗が表示されております。 今回はGoogleマイビジネスについて詳しくご紹介いたします。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、自社の店舗を登録する事で特定のワードで検索された際にGoogle検索やGoogleマップで表示させる事が可能な無料ツールとなります。
Google検索やGoogleマップで表示される事により、店舗側はユーザーとの接点が増加が期待できます。
その第一歩としてGoogleマイビジネスへの登録が必要となります。
Googleマイビジネスでは登録内容が直接反映され、ローカルパックやナレッジパネルへ店舗情報が掲載されます。
ビジネスオーナーとしては管理・運用を行い常に新しい情報を発信する事でユーザーへ最新の店舗情報を伝える事が可能となります。
手軽にGoogleマップやGoogle検索に表示される店舗集客ツールとして効率よく認知させるのに非常に有効な手段の一つとなっています。

先ずは店舗の登録から始めましょう。
Googleマイビジネスはユーザーも修正提案などが可能となります。
登録していない場合でも既に店舗情報が掲載されているケースもありますので、まずは自社の店舗状況を確認しましょう。
その場合は「このビジネスのオーナーですか?」と表示されます。
そのままクリックしてオーナー確認をします。
すると色々な機能が解放され情報の編集、レビューへの返信も可能になります。
Googleマイビジネスの登録はこちらから

 

①Googleマイビジネスへアクセス
ビジネス入力…店舗の名称を正確に入力してください。
カテゴリー選択…Googleが店舗の属性を把握しやすいよう実態に近いものを選択します。
所在地入力…ユーザーが検索した際、どれくらい距離があるかの判断基準になるため、正確に入力します。
マーカー配置…Googleマップ上で表示される箇所を拡大表示しながら注意して正確にマーカーを合わせてきます。
リスティング情報の入力…電話番号やWebサイトに関する情報も詳細に入力するよう心がけます。
※オーナー登録は基本的にはハガキによる確認となり数週間かかる事もある為、できるだけ早めに手続きしましょう。

途中スキップの表示が出てきますが、的確にGoogleで認識されるためにはすべての項目を正確に入力することが必須となります。
またビジネスプロフィールはユーザーが店舗情報をオンラインで知る為の手段となります。
ユーザー目線で考えるとより多くの情報が記載されていた方が良い為、プロフィール内は充実させ漏れなく入力する事を推奨いたします。
Googleマイビジネスの登録が完了してGoogle検索とGoogleマップに店舗が表示されるようになると次は運用になります。
定期的に最新の店舗情報を発信しましょう。
 

 

登録が完了した後は、検索結果のローカルパックに表示されているの?
などどのように表示されているか気になりますよね。
また、ローカルパックの順番はどのように決まっているのでしょうか?
そこで重要になってくるのが、ローカルSEOです。
Googleマイビジネスが表示されるキーワードは「地域」×「業種」などのような店舗情報に関連したキーワードで主に表示されます。
様々な情報の中からGoogleが有益と認めた情報を優先して表示させるもので、その基準をクリアすることが重要となります。

ローカルSEOについてはこちら

Googleマイビジネスで設定できる事はなに?

Googleマイビジネスの登録時、店舗名や所在地、電話番号やカテゴリーはもれなく設定していますが、単に入力すればそれでおしまい!というわけにはいきません。
各項目を正確に入力するのが大前提となります。
店舗名には地名や余計なコメントを一切入れないようにします。
これはGoogleが誤った認識を行なわないようにするためです。
対策したいキーワードを店舗名に含めるなどはガイドライン違反となりますので注意しましょう。

所在地や電話番号についても、適切かつウェブ上で統一した表記で入力しましょう。
営業時間は実際の時間帯と合致しておくようにします。
間違った情報はユーザーを混乱させる可能性があります。
Googleマイビジネスの情報は第三者のユーザーも修正提案が可能になる為、営業時間内に来店したが空いていなかった。となるとユーザーから修正提案を受けてしまう可能性もありますので最新かつ適切に登録しましょう。

画像はユーザーがイメージするのにとても効果的です。
どういった画像をユーザーが見たいのか、をユーザー目線で考え、そういった店舗情報を写真で掲載しましょう。
商品や店舗の説明を載せておけば、さらに選択の幅を広げてくれます。
また、カテゴリーの選択も適切な設定が必要となります。

良い情報として認知される為には、レビューなどの書き込みも大きなポイントになります。
質の良いコメントが書き込まれれば、店舗の印象UPやユーザーからの信頼を獲得する事が期待できます。
こまめにチェックして返信するようにしてきましょう。
※レビューを対価と交換に投稿を促進する行為はガイドライン違反となりますので注意しましょう。

その他Googleマイビジネスの機能

Googleマイビジネスに登録すれば店舗情報をユーザーに届けられますがそれだけではありません。
インサイトと言われる機能があり、店舗情報の表示回数、写真等の閲覧回数、予約につながった回数などを確認する事が可能となります。
どれくらいのユーザーが検索して店舗情報を見ているのかなどが分析可能です。
ユーザーの傾向を把握する上で重要な手がかりとなり、分析していけばよりユーザーのニーズに合致した展開が可能になります。
積極的に活用し判断材料として活かしていきましょう。

事業ごとに設定項目が異なる!?

カテゴリーはどうやって設定すると良いのでしょうか?
事業内容をカテゴリーとして設定するには、まずメインカテゴリーを設定することから始めます。
Googleマイビジネスの「メニュー」から「情報」を選択、メインカテゴリーを入力しさらに設定可能な関連カテゴリーの中から選択します。
他にも関連性が認められるカテゴリーがあれば追加、適用すればより店舗の実態に近づいた情報として認識されます。
カテゴリの設定はユーザーが「地名」×「業種」で検索した際にGoogleが関連性を紐づける為に必要になります。
設定する業種によってGoogleマイビジネスに設定できる項目も異なりますので、適切にカテゴリーの設定が必要となります。


また、非店舗型ビジネスの場合「サービスを提供する地域」としてサービスの対象エリアを設定可能です。(出張サービスなど)
店舗所在地でのサービスと出張サービスの両方を提供している場合はハイブリッド型と言われます。
店舗所在地を設定した上でさらにサービスの提供エリアの記載が可能になります。
サービス提供エリアの設定は最大20カ所まで、所在地から車で2時間以内の範囲内での設定を推奨いたします。
非店舗型ビジネスとハイブリット型ビジネスについてはこちら
 

Googleマイビジネスの注意点

Googleマイビジネスの注意点としてはGoogleが定めているガイドラインに沿って、適切に設定や運用ができているのか注意が必要です。
例えばインターネット上でのみ完結するオンラインビジネスは対象外となっています。
あくまで実際に住所地に存在している店舗しか利用できません。
その他にも様々なルールがありますので自社でGoogleマイビジネスの運用・管理を行う場合は常にチェックしておきましょう。
Googleマイビジネスに対象とならないビジネスはこちら

 

 

またGoogleマイビジネスと同様のサービスがYahoo!にもございます。
店舗情報を設定する事でYahoo!の様々なサービスと連携が可能な為、重ねて活用しましょう。
Yahoo!プレイスについてはこちら

ローカルSEOツール「SHOPコネクト」とは?

SHOPコネクト(ショップコネクト)

CTNが提供するローカルSEOツール「SHOPコネクト」では、Googleマイビジネスの情報管理・更新が可能です。
Googleマイビジネスに搭載されていないローカルSEOを最適化をする為の対策キーワードの順位取得、競合比較分析、複数店舗管理など様々な機能が搭載されております。
効果検証を行いながら運用を行う事で効果を最大限に発揮します。
また複数店舗で課題となる店舗管理についても店舗情報の一元管理を行う事で工数の削減が可能となります。
低価格から実施可能となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ローカルSEOツール「SHOPコネクト」の詳細はこちら

まとめ

店舗オーナー様にとって集客は大きな悩みになるかと思います。 無料でできる店舗集客手法としてのGoogleマイビジネスは活用するに越した事はありません。 ですが、GoogleマイビジネスはGoogleが提供しているプラットフォームになり、常にGoogleの仕様変更などがあります。 運用するにあたっては最新情報をキャッチアップする事と店舗情報の発信を行わないといけない為、リソース不足で手が回らないといった店舗様が多くある事も事実です。 自社店舗の状況にあわせて自社で行うのか、または専門業者に相談するのかを選定したうえでの運用をおすすめいたします。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事