車屋さんが代車を用意しておく事はなぜ重要?

街の頼れる車屋さん、車を購入してからが長いお付き合いになります。 定期的な点検、整備、修理、車検まで、車に詳しくなくても安心して任せられます。 通勤や日々の移動手段として、車は私たちにとって無くてはならない大切な乗り物ですよね。 でも車検などで車を預けている期間は不便です。車がないと仕事にならないという人もいるはずです。 そんなとき、車屋さんが用意してくれる代車は非常に助かり役立ちます。 車屋さん側は顧客の要望に応えるため、普段から一定数の代車を保有している店舗も多いでしょう。 最近では代車を置かない車屋さんもあり、ちょっと事情が気になります。

車屋さんは代車用の車を用意していた方が良い?

車屋さんの代車のメリット

自動車を保有しているユーザーは、普段の生活で、常に車を使う機会が多いために購入している人がほとんどでしょう。他に交通手段が乏しい地方では一人一台所有している世帯も多くなっています。

そのため、車屋さんに愛車を預けている間をカバーするために、サービスの一環として代車を用意するようになりました。

顧客にとっても、お店を選ぶ条件の一つに代車の有無がかなりウエイトを占めています。

なので顧客のリクエストに可能な限り応えるべく、各店舗に代車を確保しておく事は非常に重要になっていると言えるでしょう。

代車用の車を用意しておくメリット・デメリットは?

顧客の車生活に支障をきたさないよう、代車を用意しておくことは利用する側にとって大変便利でありがたいサービスとなっています。

予定を変更することなく日常生活を送ることができるため、車を預けるほとんどのユーザーが利用しています。

特に急な故障や事故に遭遇しても代車があれば、とりあえず普段通りに生活ができるのは顧客の満足度の向上に大きく貢献しています。

一方で、そのために数台の代車を常に用意しておかなければならない車屋さんにとっては、その管理や維持費が負担となっているのも事実でしょう。

大抵のお店では無料で貸し出して、燃料のみお客様に負担してもらうパターンが多く、その他の経費は丸々車屋さんの肩にのしかかっているのが実状です。

もし、代車サービスがなくユーザー自身がレンタカーを手配した場合、修理期間が長引くほど大きな出費となるのは目に見えています。

少々経費がかかっても代車を用意することで、ユーザーへの負担を軽減しているのです。

しかし、最近では代車を使用しても燃料を補給しない、傷をつけても知らんぷりなど、マナーの悪い利用者も出てきて、車屋さんも頭を痛めています。

車の所有には保険加入や税金などの責任が生じ、その管理は車屋さんの業務や負担を増やす要因となるのも、残念ながら事実です。

効率の良い代車用の車の活用法

顧客のニーズに応え、満足度を向上させるために代車のサービスは大変有効ですが、その分コストがかかり、管理面でも業務は増えてしまいます。

最低限確保しなければならない台数のみ保有し、後はレンタカー等を併用していくなど対策を打ち出す必要があります。

また提携している他店から不足時にのみ借りることができるサービスもあるので、加盟店として登録することも、一つの選択肢として検討する価値があります。自社のみではあらゆる面でパーフェクトに事業を推し進めていくことが難しくても、加盟店同士カバーし合うことでより充実したサービスの提供が可能になります。

余分なコストの削減やより有効なサービスの開発を通じて、お互いに成長し合いながら共存を図ることができます。

車屋さんは顧客へのより良いサービスの提供を行いながら、無駄を省きコストダウンを実践していかなければなりません。

自社だけでは限界がありますが、加盟店の活用など様々なツールを生かして経営戦略を練っていく必要があります。

まとめ

広告代わりに、おすすめの車種を代車として用意して、買い換え時を促すアイデアを打ち出している車屋さんもありますが、新車ほど価格も高くなるので、そうそう手軽には行えませんよね。 また、ユーザー側の意識改革も必須となります。 通常、レンタカーを利用すれば1日最低でも5,000円以上の出費が発生します。 プラス燃料費に保険料を合わせればかなりの金額になるでしょう。 車屋さんの代車を借りたら、基本的に無料なので、燃料分のみですみます。 車屋さんが少し費用がかかったとしても、臨機応変に対応をする事で顧客満足度の向上が期待できます。 代車をきっかけに車検、乗り替えなどの切り口になるケースもありますので、しっかりとユーザー目線でサービスを提供する事は重要と言えるでしょう。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事