車屋さんが比較選定に入る重要なポイント

街中に数多くある車屋さん。 ディーラーはもちろん、チェーンの中古車店や町の小さな車屋さんもありますよね。 消費者側からすれば選択肢がとても多いです。 では、消費者はたくさんある車屋さんの中からどういったポイントで車屋さんを探し、選んでいるのでしょうか。 車を販売するためには、まずはその選択肢の一つに入らなければ、スタートラインにすら経つことが出来ませんよね。 というわけで、今回は消費者の車の選び方と、比較選定に入るために必要なポイントについてご紹介していきます。

消費者が車屋を探す手段は?

消費者が車屋を探す手段

車屋さんを探す手段としては、主に次の3つの方法が挙げられます。
・中古車検索サイトを検索する
・お店のホームページを検索する
・直接自動車販売店に行く


<中古車検索サイトを検索する>

最も手っ取り早いのは、中古車検索サイトを使うこと。 消費者が既にお目当ての車種がある場合に、最も使われる手段ですね。 消費者が安心するのは、大手の中古車検索サイトに掲載されているかどうか。 グーネットやカーセンサーネットなどが挙げられますね。

<お店のホームページを検索する>

その次に、自動車屋さんのホームページを検索します。 中古車検索サイトには必ず店舗情報が載りますから、今度は店舗の雰囲気や詳しい内容を知るために、お店のホームページを探します。 お店のホームページがないと、店舗選びの候補から外れてしまう場合も少なくありません。

<直接自動車販売店に行く>

続いて、直接自動車販売店に行くこと。 例えば、「車は必要で欲しいんだけど、車に関する知識も何もないため、とりあえずアドバイスが欲しい…。」という方なら直接店舗を訪問することも少なくありません。 また、多くの場合はお店に並んでいる車が真っ先に目に付きますから、人気の車種が店頭にあれば来客して頂ける確率もアップします。

消費者が車屋を選ぶポイントは?


車屋を選ぶ際に重要なポイントは、次の3つです。
・中古車検索サイト上の評価が割と高い
・お店のホームページがあり必要な情報が載っている
・お店での対応が良い


<中古車検索サイト上の評価が割と高い>

意外に重要なのが、中古車検索サイトで公開されている「口コミ・評価」です。 レアな車種でもない限り、中古車市場に同じような車はたくさん存在しています。 どうせ同じ、もしくは似た車を買うなら「評価の高い店舗から安心して買いたい」と思ってしまうのが消費者の心理なのです。

<お店のホームページがあり必要な情報が載っている>

続いて、自社ホームページがあること。 中古車検索サイトで車種を検索し、目当ての車を販売しているお店を見つけたら、高い確率でお店のホームページがないかを検索します。 特に20代〜30代の方はインターネットを使っての情報収集が主流であるため、ホームページがあるお店とないお店なら、あるお店の方が信頼できると思われてしまうんです。

<お店での対応が良い>

そして何よりも重要なのは、お店での対応の良さ。 人気車種が置いてあって車は良い、ホームページも良い、なのに応対が悪い…。 そんなお店で車を買おうと思いますか? 一度車を買って頂いたとしても、次回以降は買って頂けるとは考えにくいですよね。 特に「初めての車を購入する」というお客さんの場合は特に重要です。 車の専門用語ばかりを使われても、相手は何を言っているのか理解できず、さっとお店をあとにしてしまう、なんてことも…。 そうならないように、相手の知識レベルや状況に合わせた応対が必要です。

比較選定に入る為に重要なこと


車屋さんが選ばれる為に必要なことは、次の2つ。
・信頼されるお店づくり
・インターネット戦略


<信頼されるお店づくり>

自動車販売もサービス業の一つであり、結局は人と人とのやり取りです。 どれだけ良いものを取り揃えていたとしても、応対が悪く印象が悪ければ買って頂けなくなってしまいます。 自分一人はきちんとしているつもりでも、他の社員が出来ていなければ、「あのお店はダメだ…。」と、ひとくくりにされて見られてしまいます。 社員教育をはじめとして、普段から信頼されるお店にするために取り組んでいくことが大事です。

<インターネット戦略>

情報化時代の現代、インターネット戦略は必須です。
・大手中古車サイトに登録する。
・自社ホームページを作成し、内容を充実させる。

この2つさえできれば、インターネット戦略は十分です。

大手中古車サイトは全国から注文を頂ける可能性のある、巨大な販路の一つですから、ある程度のコストを掛けてでも登録しておくべきです。

また、未だにホームページを立ち上げていないのであれば、今すぐにでも作りましょう。 そして必要な情報と、可能ならきれいな写真を掲載しておきましょう。 それだけで消費者は情報を得られますし、安心感を持って頂くことが出来ますよ。 ここまでできれば、次の段階としてTwitterやFacebookといったSNSを活用しましょう。 スタッフの人となりがわかるような投稿をしていくと、お客さんも親近感が持てますよ。

まとめ

消費者の車屋さんの選び方で重要なポイントは、
・インターネットで情報が手に入れられるか
・信頼できるお店であるか
といったところ。 インターネットで情報を公開することは今すぐに出来ます。 すぐに宣材写真を撮り、ホームページを作成しましょう。 自分たちで作れなければ、外注することも視野に入れておきましょうね。 それに対して、これまでお客さん対応にあまり力を入れていなかった場合は、今すぐいきなり改善するというのは難しいかもしれません。 社員教育などを徐々に進めて、信頼されるお店にしていきましょうね。 そして、消費者の選択肢の一つに入って、自動車販売のチャンスを拡大していきましょう。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事