リースで社用車を使うと乗り替えが簡単!リースでの乗り替えについて徹底解説

会社にとって必須アイテムの1つである社用車。 社用車は、マイカーと近い使用頻度が多いので、メンテナンスをこまめにしていても買い替え時期は早くなります。 しかし、毎回購入していると会計処理も手間がかかる上、車両入れ替えなどの書類や保険などの手続きも多く仕事の時間を割くようになります。一方、カーリースで社用車を使えば、購入するよりも簡単に乗り換えなどができるのです。 今回は、リースで社用車を使った時の乗り替えについて徹底解説していきます。

社用車リースは乗り替えが簡単!

社用車リースは乗り替えが簡単

新車を購入してから買い替えまでのタイミングは、3年、5年、7年と車検切れをひとつの区切りする場合が多いです。車検にかかる費用と現車価格が少しでも乗り替え資金にできれば負担も減ります。しかし、社用車の状態はマイカーに比べると使用感があり、走行距離は多走行なものが多いので、高額での下取りは難しいのが現状です。

それでは、乗り替えの流れについて見ていきます。

車を手放せるかを確認する

購入した車を手放す時、2つ確認しておくことがあります。

  • 税金の延滞がないか?
  • ローンの残債がないか?

ローンの残債が残っていても完済や借り換えをすれば手放すことは可能です。

しかし、乗り替えを検討する際には必ずチェックしておきましょう。

 

車の査定をしてもらう

今の車を下取りに出すといくらで買ってもらえるのかで自己資金が決まるといっても過言ではありません。車は大きな買い物なので、あらかじめ下取価格を調べて少しでも高く買い取ってくれるお店で乗り替えるのが賢明です。

乗り替える車の見積もりをとる

各メーカーさまざまなラインナップを取り揃えています。どの車にするのか決めて見積もりをしてもらいます。先述にもありますが、下取価格と欲しい車の条件が揃えば契約の手続きとなります。

契約中でも乗り替え可能なの?

リース契約で車を乗ると原則として中途解約はできません。

リースは、契約時にリース期間を設定します。そのため、期間が終わるまで同じ車で利用を続けなければならないということが契約書に記載されている場合がほとんどです

しかし、契約内容によっては契約の途中でも乗り換えは可能ですが、違約金などが発生する恐れもあるので注意してください。

それでは、スムーズにリース車に乗り続けるための方法を解説していきます。

リースの期間を短くする

社用車は使用頻度が高く、短期間での乗り替えをする会社もあります。リース契約には3年でのリース満了とする契約もあるので、短期間で社用車を乗り換えたい場合には、契約の段階で3年リースにすることをおすすめします。

 

再リースをする

車をリース契約する時には、車の走行距離が月単位で設定されています。社用車の場合、多走行が予想されているので、リース契約が終了した時の車両価値が比較的安い値段での設定となっているのです。また、契約途中で乗り替えをすると、車両価格が安いだけでなく違約金の二重払いを求められます。出費が増えれば会社の負担が大きくなるため、満了時には再リースをして少しでも経営に負担をかけることがないようにするのも良案です。

 

 

社用車リースは乗り替えもお得!

今まで、社用車を購入してきた経営者にとってリースに切り替えるのは悩ましいところではあります。

リースといえば自社の車にはならないためローンと同じ借金に値すると考えてしまうことも…

しかし、リース契約で社用車を保有すれば帳簿や車両管理が簡素化され手間が省けます。また、その他にも下記のようにリースならではメリットがあるのです。

 

初期費用などが不要

車を購入するには費用が発生します。車両本体の2割ほどの頭金から加メンテナンスや車検など維持費が必要で、社用車のように複数台となればかなりまとまったお金が必要です。もちろん、買い替えとなればその都度初期費用が必要ですが、リースでの買い替えであれば初期費用の心配はありません。

 

メンテナンスなどのサポートが充実している

社用車は、ほぼ毎日走り続けるのでこまめなメンテナンスが不可欠です。リース車は、リース会社の所有ということからメンテナンスなどのサポートが細かく、車にまつわる疑問点や突発的な不具合に対して手厚い対応をしてくれます。

まとめ

今回は、リース車の乗り替えについて解説してきました。 リース契約は基本的に中途解約はできません。 仮にできた場合でも違約金が発生する契約が大半です。 しかし、リースは車を購入するための初期費用はかからず、その後のメンテナンスなどのサポートも充実しています。 リースが満了すれば、買い替えも可能ですのでリース車を引き続き保有すると初期費用の心配なく、複数台ある社用車をベストな状態で保有することができます。 このような点からも、カーリースで社用車を保有、買い替えをすれば会社にとっても大きなメリットとなること間違いなしですので、ぜひリースでの社用車の乗り替えを検討してください。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事