社用車リースのメンテナンスはどうなるの?リース車の修理について徹底解説!

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車に乗るためには、必ずメンテナンスを行う必要があります。 車は、定期的なメンテナンスをしないと故障の原因にも繋がり、修理費用も高額になることもないとは限りません。 しかし、リース車は車を賃貸するという形をとっているため自己負担でのメンテナンスとは少しニュアンスが違ってくるのです。 今回は、リースをしている社用車のメンテナンスについて徹底解説していきます。

社用車のメンテナンスはリース会社が全て対応してくれるの?

社用車リースのメンテナンスはリース会社がする?

リースは一定期間マイカーとして車を借りるという乗り方です。

レンタカーとは違い、好きな車種を選べてナンバーも「わ」がついていません。

車だけを見れば、購入しているのかリースなのか区別はつかず期間もレンタカーのような数日ではなく数年でのリースかわ一般的です。

 

リース会社がすべて定期メンテナンスを対応してくれるのか?

長期にわたり同じ車をリースすることが多く、社用車は走行距離も多くなるので定期的なメンテナンスが必要です。リースには主に2つのリース契約があります。

 ●ファイナンスリース

 ●メンテナンスリース

ファイナンスリースは、初回の費用は組み込まれていますが、次回からのメンテナンスや車検などにかかる費用は含まれていません。一方、メンテナンスリースは、リース料金に下記の費用が全て含まれます。

 ●車両価格

 ●自動車取得税

 ●自動車税(契約期間分)

 ●重量税(契約期間分)

 ●自賠責保険料(契約期間分)

 ●車検代(契約期間分)

 

メンテナンスリースはファイナンスリースに比べると料金は高めの設定です。

しかし、車に乗るために必要な諸費用が全て料金に含まれているので、社用車の維持費をキープする必要がなく、費用面においてもメリットがあります。

メンテナンスリースの月々の料金に各種税金、車検代、メンテナンス費用が含まれているので、経費として計上することが可能です。

経費処理は楽になり、節税にも繋がるので会社にとってもメリットが多くなっています。

また、購入した車を入れ替えるためには、車の車両入れ替えから新しい車の購入手続きなどの手間がかかります。帳簿にも、車両運搬具売却損益を計上する必要がある上、新しい車を資産計上する必要があるので経理面でも手間がかかるのです。

そのような点と比較してもリースにすれば、リース期間が終了するごとに、新しい車をリースしていくだけで良いので、手間は一切かかりません。

各メンテナンス頻度も把握しアナウンスしてくれる

メンテナンスリースを利用すると、整備点検やオイル交換、消耗部品交換などの費用も含まれます。

ただ車を借りるのではなく、借りた後のメンテナンスも細かく受けら安心です。

また、車のメンテナンスをカーリース会社に任せていれば、定期的にメンテナンス時期などを知らせてくれるので、前もって社用車をメンテナンス出すための時間調整が可能です。

 

◯日常点検などもお任せできる?

車は定期的な点検の他に、日常点検も行う必要があります。社用車のように多走行な車は、特に日常から点検しておくことで安心して運転できるポイントといえるのです。

それでは、一般的に行われている日常点検の項目をいくつか挙げていきます。

 ●オイル交換

 ●タイヤ交換

 ●バッテリー交換

 ●ブレーキパッド交換

 ●ワイパーゴム交換

 ●オイルエレメント交換

 ●オートマチックオイル交換

 ●点火プラグ交換

 ●ブレーキオイル交換

 ●LLC交換

 ●Vベルト交換

これだけの点検、交換が車をリースしている期間数回に渡り行われるのです。

車を購入した場合、これらを把握しておく必要がありますが、日常点検もリース会社で対応してくれるので安心、安全に社用車を運転することができます。

社用車のメンテナンスや修理はリース会社がお得!

社用車はマイカーとは違い仕事で使用するため、あっという間に走行距離がオイル交換時期などを超過していることがあります。

オイル交換やエレメント交換など、日常点検とはいえ怠ってしまうとエンジン不動という最悪の事態を招く恐れもでてくるのです。

しかし、仕事に追われついメンテナンスを依頼することを忘れてしまうこともあるので、リース会社で各種メンテナンスを受けるのが一番お得です。

また、リース契約であれば、日常点検から定期点検まで価格も安くなっている上に、点検の頻度を把握してくれるので、忙しい中でも社用車のメンテナンスを忘れることがありません。

車の事は、リース会社へ全て任ることが一番お得な方法です。

まとめ

今回は、リース車のメンテナンスについて解説してきました。 リースは賃貸というイメージから利用することに消極的な経営者の方もいます。 たしかにリースが終われば買取や再リースといった形を取るため「損をするのでは?」と考えてしまいます。 しかし、リースは車のメンテナンスや維持といった面を含めて、会社にとって有効的な車の使い方なのです。 社用車の買い替えや増車を考えるのであれば、全てのメンテナンスから車両管理までカバーしてくれるリースを検討することをおすすめします。