人気のワンボックス車はなに?

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事

ワンボックスとは、1つのキャビンの中に乗員スペースと荷室があり、エンジンは前席下に配置されている事が多く、 近年では「ミニバン」と呼ばれるクルマで、フロントに小さなボッネットを配置しエンジンルームを設ける1.5ボックスと 呼ばれる車種が人気を集めている車種の事を指します。大人数で移動できることや、車高が高い分、頭上空間に余裕があり 快適な室内空間が魅力的です。今回は、国産ワンボックスの中で2018年で最も売れたワンボックス4車種と、根強い人気の ワンボックス車の元祖と言っても過言ではないハイエースをプラスした5車種を紹介するとともに、ワンボックスのメリット 及びデメリットを紹介します。

国産ワンボックスの人気車種は?

日産 セレナ

・日産 セレナ

2018年 年間販売台数 99,865台 総合順位 4位
セレナは、1991年にバネットセレナとして発売されて以来、家族の楽しみを追求し進化し続けるミディアムクラスミニバンで、2018年で最も売れたミニバンです。 2016年に発売されたC27系モデルでは、室内の広さや使い勝手の良さ、快適性など、運転席からサードシートに乗る人まで全ての乗員が快適に楽しく移動できるよう企画開発されているのが特徴で、5ナンバーサイズ(ハイウェイスターを除く)で取り回しの良さも特徴です。 半自動運転「プロパイロット」をミニバンクラス世界で初めて搭載し、車線を認識し自動運転を行い長距離ドライブの疲労軽減に貢献します。2018年3月には、ノートで好評のエンジンで発電しモーターで走行する「e-POWER」を搭載したモデルを発売しました。26.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現し、燃費性能を向上させることで2018年ミニバン販売台数No.1を不動のものにしました。

トヨタ ヴォクシー

・トヨタ ヴォクシー

2018年 年間販売台数 90,759台 総合順位 6位
ヴォクシーは、ライトエースノアの後継モデルとしてネッツ店専売車として2001年に発売されました。兄弟車のノアと比べてワイルドなデザインでスポーティな印象が強く、子育て世代の父親に高い支持を得ています。3列目シートまで快適に乗車可能な5ナンバーサイズ(ZS系はワイドボディの為3ナンバー)のミニバンとして取回し性能に優れるため人気車となっています。 2014年に発売された80系モデルでは、クラス初の本格ハイブリッドモデルをラインナップし、23.8km/L(JC08モード)の低燃費を実現しました。また、2016年の改良では、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティのトヨタセーフティセンスCを設定し、燃費性能に加え安全性能も強化しています。

トヨタ アルファード

・トヨタ アルファード

2018年 年間販売台数 58,806台 総合順位 15位
アルファードは、グランドハイエースに継ぐモデルとして2002年に発売されました。トヨタの最上級のミニバンとして登場したアルファードは、カムリの基本コンポ―ネットを使用し、エスティマ同様FFレイアウトとし、V6 3.0Lエンジンに加え、税制面に有利な4気筒2.4Lエンジンを用意したことから、当時人気だったエルグランドの販売台数を超える人気を得ました。 2015年に発売された3代目モデルは、大空間高級サルーンをキーワードに開発され、高級セダンに負けない上質なインテリアと乗り心地を実現しています。大きなフロントグリルを採用する迫力あるフロントマスクは、豪華・勇壮をテーマにデザインされているのが特徴です。環境性能に優れた2.5L+モーターのハイブリッドエンジンや力強い3.5Lエンジンを用意し、静かで快適な移動空間を提供します。

ホンダ ステップワゴン

・ホンダ ステップワゴン

2018年 年間販売台数 56,872台 総合順位 16位
ステップワゴンは、1996年に初代モデルを発売しました。キャブオーバータイプで後輪駆動ベースのワンボックス車が主流の中、ボンネットを備えた前輪駆動で四角いシンプルなスタイルをいち早く取り入れたのがステップワゴンです。 2015年に発売された5代目モデルは、直噴1.5L VTEC ターボエンジンを搭載しダウンサイジング化を行い、燃費性能と動力性能を向上させました。税制面でも2.0Lエンジンと比較してワンランク下のクラスの自動車税となります。歩行者まで検知可能な先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載するとともに、2017年9月には、2モーターハイブリッドシステムをスポーツグレードのスパーダに用意しました。25.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現し、トヨタのハイブリッドミニバンヴォクシーやノア、日産セレナe-POWERと強力なライバル関係となります。

トヨタ ハイエースワゴン

・トヨタ ハイエースワゴン

2018年 年間販売台数 9,048台 総合順位 48位
ハイエースワゴンは、1967年に発売され、キャブオーバータイプのワンボックスとして50年以上の歴史を持ち、高い人気を維持しています。 2004年に発売された200系と呼ばれるモデルは、乗車定員が10名の4列シートモデルとなり、ミニバンと呼ばれるワゴンが3列シート8名が最大乗員なのに対して2名分のアドバンテージを持っています。 最後列の4人掛けの4列目シートは左右に跳ね上げ格納が可能で、6名乗車+荷物を載せて移動が可能です。 2.7Lガソリンエンジンに6AT(2015年1月より)を搭載し、優れた動力性能ときめ細やかなシフトチェンジが可能になり快適性能を高めています。

参考:乗用車ブランド通称名別順位 日本自動車販売協会連合会より

ワンボックスのメリット

ワンボックス車は、3列以上のシートを設け、6名から8名が快適に移動できるメリットがあります。 ステーションワゴン系3列シート車の3列目シートは緊急用程度の快適性しか得られませんが、 背の高い1.5ボックス、ワンボックススタイルのクルマは3列目シートまで快適乗車可能な点が特徴です。 以前のワンボックス車は貨物車(バン)ベースのモデルで乗り心地に不満があったり質素な内装でしたが、 現在販売されているモデルは、乗用車ベースがほとんどで、乗り心地が良く、内装も高級感があるモデルが 多くなっています。アルファードのエグゼクティブラウンジは、官公庁での公用車に使用されるケースもあり、 高級セダンに負けない高級感と快適性を持っています。スライドドアは乗降性に優れ、狭いスペースでも 開口部から広く確保できるメリットがあります。近年では、電動スライドドアを採用するモデルが多く、 大きくて重いスライドドアを自分で開け閉めすることは少なくなりました。

ワンボックスのデメリット

ワンボックス車は、車高が高いためカーブが続く道では、乗用車に比べロールが大きく、 高速道路では横風にあおられやすいデメリットがあります。また、ロールが大きいため、 タイヤの外側が減りやすい傾向にあります。ワンボックス、ミニバン専用タイヤを装着することで 方べりは回避可能ですがタイヤの価格が高い点にデメリットがあります。全高が高いため、 立体駐車場に駐車できない場合が多く、駐車場を選ばなくてはなりません。洗車時には脚立等が 必要で時間がかかり、洗車を業者にお願いする場合もセダンタイプに比べて洗車料金が高めに設定されています。

まとめ

ワンボックスタイプの車は、3列目シートまで快適に乗車可能なモデルが人気車種となっています。 特に5ナンバーサイズを基本とするモデルが非常に人気が高く、エンジンとモーターのハイブリッド システムを採用する車種が多いのも特徴です。さらに、高級セダンに匹敵する上質なインテリアと 乗り心地を提供する大型ミニバンや4列シートを持つワンボックス車もあり、大勢乗ってもヨシ、 たくさんの荷物を積んでもヨシの使い勝手に優れている事が人気の理由になっております。