新車無料点検を実施していますか?

「案内が面倒だから…」なんて怠っていたりしていませんか?新車無料点検は、収益アップにつなげられるチャンス。お客さまに金銭的負担がなく、来店していただける機会を作り出せるいい機会なのです。というわけで、新車無料点検とはどういったものなのか、どのような効果で収益アップにつなげられるのかをご紹介致します。

新車無料点検とは?

新車無料点検とは

新車無料点検とは、新車販売後1ヶ月(または走行距離1,000kmのどちらか早い方)・6ヶ月(または)の際に無料で点検を行うものです。点検項目はメーカーによってやや違いますが、大きく分けて次のような項目があります。

《1ヶ月無料点検》

・ブレーキ装置点検
・ステアリング(ハンドル)点検
・エンジン点検

《6ヶ月無料点検》

1ヶ月無料点検の内容に加えて、
・足回り(タイヤなど)点検
・下回り(オイル漏れなど)点検
・バッテリー点検
・ワイパー、ウォッシャー類点検

などとなっています。各メーカーによって点検内容が変わりますので、次のメーカーホームページを参考にしてくださいね。

・トヨタ無料点検と法定点検

・日産新車無料1・6ヶ月点検

・Hondao定期点検項目

・スズキ新車無料点検

・SUBARU新車無料点検

なぜ車屋さんは新車無料点検を実施したほうが良いのか?

新車無料点検は必要

車屋さんが新車無料点検を実施するべき理由はズバリ、「お客さまと接触する機会を得ること」です。正直に言えば、新車無料点検で異常が発見されることは稀です。特に新車を買ってからは丁寧に乗られる方が多いため、何事もないことがほとんど。車そのものの点検以上に大事なのは、お客さまとの接触機会です。2回ある新車無料点検のタイミングで、お客さまと直接お話をして、信頼関係を作ることが大切です。気軽に声がけできるくらいまでの信頼関係が構築できれば、オイル交換やちょっとした点検・整備などを依頼されやすくなります。ちょっとした修理くらいなら、わざわざ休日にディーラーやカー用品店に行くのも億劫ですよね。それに、カー用品店などと大きく金額が変わらないような整備内容なら、誰も知り合いのいないお店にお願いするよりも、知り合いに頼んだ方が早いもの。無料点検のタイミングを逃さずに、お客さまとの信頼関係を構築していきましょう。

本当に新車無料点検で収益がUPするの?

無料点検で収益最大化

とは言っても、実際に新車無料点検で収益がアップするのでしょうか。
具体的に収益がアップできる要素としては次の2つのポイントがあります。
・お客さまとのつながりから、様々な注文をいただける
・メーカーから報酬がもらえる場合がある

《お客さまとのつながりから、様々な注文をいただける》

前述しましたが、信頼関係を構築することができれば、オイル交換やタイヤ交換など、日々のメンテナンスや修理を依頼される確率が高くなります。そうやってどんどんお客さまを増やしていければ、常に何かしらの点検・整備の依頼が来るようになります。そうして次の買い替えの時まで、お客さまと密なお付き合いができれば、また新しい車を購入していただける可能性も出てきますよね。さらに言えば、お客さまの知り合いをご紹介いただけることだってあります。依頼が循環するようになっていく可能性が高いので、そのきっかけの一つとして、新車無料点検は収益アップにつながると言えます。

《メーカーから報酬がもらえる場合がある》

また、メーカーによっては新車無料点検で入庫した場合に、いくらか報酬がもらえる場合があります。その場合は、入庫していただいて必要項目をチェックし、メーカーに報告するだけで直接報酬が車屋さんに入ります。そのため、直接収益アップにつながります。お客さまは金銭的負担をかけず、車屋さんには報酬が入る、というどちらにも嬉しい点検になりますよね。ただし、これはやっているメーカーとやっていないメーカーがありますのでご注意ください。

■新車仕入れ(業販)サービス

まとめ

新車無料点検は、ただ単にお客さまに買っていただいた車を点検するだけのものではありません。お客さまとの信頼関係を構築するための、大事な機会の一つです。メーカーからの報酬を貰える場合もありますので、しない手はないはず。新車無料点検の機会をうまく利用して、収益アップにつなげていきましょう!