高級車の人気車種はなに?

一度は乗ってみたいと誰もが憧れる高級輸入車について、日本で人気のある輸入車はどのようなクルマなのか? また、高級輸入車のメリットやデメリットについても含めて、高級感が堪能できるセダンタイプやSUVタイプを中心に人気車を紹介いたします。

高級輸入車の人気車種は?

メルセデスベンツ Sクラス

・メルセデスベンツ Sクラス

車両価格帯:1,138万円~3,427万円
メルセデスベンツ Sクラスの特徴
Sクラスは、メルセデスベンツのセダンラインナップでのフラッグシップを担う伝統的なモデルであり、外観は、威厳さを感じさせつつもクーペのような美しいデザインに仕上げ、内装は、細部に渡り最高品質のレザーやウッド素材を使用し、フラッグシップモデルらしいエレガントでエクスクルーシブな室内空間が特徴です。パワーユニットは、3.0Lディーゼルターボ、3.0Lガソリンターボ+モーターのハイブリッドを中心に、プラグインハイブリッドモデルも用意され、上位モデルでは、V8またはV12エンジンにターボチャージャーを2個搭載したハイスペックモデルも用意されます。最上位のAMG S65ロングは脅威の630馬力を発生させるV12 6.0Lエンジンを搭載しています。

ポルシェ パナメーラ

・ポルシェ パナメーラ

車両価格帯:1,198万円~3,044万円
ポルシェ パナメーラの特徴
パナメーラは、スポーツカーポルシェの4ドアセダンモデルであり、全長は5mを超える迫力ある大型のボディを採用しています。2016年7月に発売された2代目モデルでは、911シリーズに近いデザインを採用し高級スポーツセダンとして人気です。インテリアには上質な革素材を使用し、センターコンソール中央部にはタッチスクリーン機能を持つ12.3インチのモニターを採用しています。大人4人が快適に乗車可能なパナメーラの乗車定員は4名です。 パワーユニットは、いずれも優れた動力性能を約束するV6 3.0L、V6 2.9L+モーターのハイブリッド、550馬力を発生させるV8 4.0Lターボエンジンが用意されます。911シリーズとは異なり、フロントにエンジンを装備しFR及び4WDのパワートレインを用意します。

BMW 7シリーズ

・BMW 7シリーズ

車両価格帯:1,096万円~2,523万円
BMW 7シリーズの特徴
7シリーズは、40年の歴史を持つBMWのフラッグシップセダンです。ワイドなキドニーグリルが特徴なフロントデザインはひと目でBMWとわかるデザインです。フロントからリヤに流れる躍動的なプロポーションと生み出す精緻なウエストラインが特徴です。インテリアでは、ポプラ・ウッド・トリムやエクスクルーシブ・ナッパ・レザーなど最高級の素材を採用し、上質な室内空間を演出しています。 パワーユニットは、電気駆動技術eドライブを採用した2.0Lエンジン+モーターのハイブリッドeアイパフォーマンス、3.0Lクリーンディーゼルターボ、V8 4.4Lツインターボ、最上級の760LiXドライブには、610馬 力を発生させるV12 6.6Lツインターボを搭載しています。大きな車体の7シリーズでも3シリーズ同様の「オンザレール」感覚の優れたハンドリングが約束されています。

ランドローバー レンジローバー

・ランドローバー レンジローバー

車両価格帯:1,452万円~3,108万円
ランドローバー レンジローバーの特徴
4代目のレンジローバーは、SUVでは世界初のオールアルミモノコックボディを採用し、大幅な軽量化を実現しました。上質なインテリアとセンターコンソールには10.2インチ高解像度タッチスクリーンを2つ備え、高い操作性と機能性を兼ね備えた最新鋭の装備が特徴です。 2tを超える車重を感じさせないパワーユニットは、V6 3.0Lのガソリンスーパーチャージャー&ディーゼルターボエンジンを中心にプラグインハイブリッドも用意する高級SUVです。V8 5.0Lスーパーチャージャーは500馬力以上のハイパワーを発揮し、スポーツカー並みの動力性能を発揮させるSUVです。 走行状況に応じてエンジン、トランスミッション、デフ、シャシーのセッティングを調整するテレインレスポンス2オートを装備し、あらゆる路面状況でも快適に運転できるよう制御する高級SUVです。

メルセデスベンツ GLSクラス

・メルセデスベンツ GLSクラス

車両価格帯:1,113万円~1,977万円
メルセデスベンツ GLSクラスの特徴
GLSクラスは、GLクラスに継ぐシリーズとして2016年4月に発売されました。スポーティかつダイナミックで迫力あるエクステリアデザインと、メルセデスのフラッグシップモデルSクラスと同等の高級感を持つインテリアに、大人7名がゆったりくつろぐことが出来る広い室内空間を持つことが特徴です。 オフロード性能も優れており、急な下り坂でエンジン回転数とブレーキを自動制御し、一定速度での走行を可能にするDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)など悪路も安全に走行できる機能を備えます。オンロードオフロード問わず、安全かつ快適に走行できるGLSは世界トップクラスの高級SUVと言えます。

高級輸入車のメリット



優れた動力性能と安全性能、高級感あふれる広い室内空間が約束され、快適に目的地まで移動可能です。 新車で購入すれば、概ね3年間は点検やオイル交換などのサービスパックが標準で付帯するため、メンテナンスにかかる費用は考えなくても大丈夫です。また、ハイブリッド 技術やクリーンディーゼルエンジンの採用で燃費性能が向上しているため燃料代も抑えることが可能です。 最新の安全運転支援システムを標準装備する他、停車を含む全速度域で対応可能なアダプティブクルーズコントロールや自動でステアリング制御する半自動運転技術も装備さ れます。 高級輸入車は、運転する楽しみと所有する喜び、高いステイタス性を得る事ができるのが最大のメリットです。

高級輸入車のデメリット



高級輸入車は、新車価格が高価であることと、ボディサイズが大きいモデルが多く、立体駐車場に入庫できないなど駐車スペースが制限されます。また、狭い路地での運転は非常に気を使います。 左ハンドル車の場合には、右折時の対向車の状況が見えなかったり、駐車チケットが取れなかったり不便な場面もあります。 新車から3年を経過した場合には、メンテナンスを含むサービスパック等が有料になります。消耗品も交換時期になれば非常に高額な出費となり維持費が増加します。以前の輸入車に比べ故障のリスクは低下していますが、ブレーキディスクローターやパットの消耗は国産車に比べ早くなっています。優れた動力性能、制動力を維持するために消耗品の交換は惜しまないようにしましょう。

まとめ

高級輸入車は、最高水準の安全性能とハイパワーながら優れた環境性能を併せ持ちます。モーターを組み合わせたハイブリッドシステムやプラグインハイブリッド車を用意するなど、大排気量+ターボの組み合わせだけが高級輸入車でなくなりつつあるのも特徴です。 新車は、メンテナンスも含み維持費がかかりませんが、メンテナンス期間の終了、新車保証の満了後は、その都度メンテナンスの費用が必要です。新車価格が高価であればあるほど、交換部品の価格も高価になる傾向にあります。中古で高級輸入車をお手頃価格で購入しても、メンテナンス等維持費で出費が嵩むケースは少なくありません。しかしながら、高級輸入車は、快適な乗り心地と優れた動力性能、高いステイタス感を味わうことができる魅力があります。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事