日本の電気自動車普及率はどれくらいなの?

エコでパワフルな電気自動車。 近年市場が活発になってきており、国内メーカーでは日産が一歩先を行っている印象があります。 日本国外メーカーではテスラが有名ですね。 ですが、実際に電気自動車の普及率はどの程度なのでしょうか。 電気自動車がエコであるとはいえ、メリットがあればデメリットもあります。 それらを見ながら、電気自動車の普及率と今後の見通しについてもご紹介していきます。 電気自動車を検討している方へのアプローチにも役立ちますので、ぜひ参考にしてくださいね。

電気自動車のメリット・デメリットは?

電気自動車のメリット・デメリット

まずは電気自動車のメリットとデメリットについて紹介していきますね。

《電気自動車のメリット》

電気自動車のメリットは次の3つです。
・維持コストが安くコストパフォーマンスが高い
・静粛性が高い
・パワーがある

電気自動車の一番のメリットは、コストパフォーマンスが高いこと。 燃料代はガソリン車とは比べ物にならないほどですし、エンジンもありませんので定期的にエンジンオイルを交換する必要もないのです。

定期的に購入が必要なのは、タイヤやワイパーゴム、ブレーキといった消耗品くらい。 消費者からすればかなりお得なのですが、車屋さんとしてはメンテナンス項目が減ってしまい、かなりの痛手になってしまいますね。

また、エンジンが搭載されていないので車内は静か。 車外には車の接近を知らせるための音響装置はついていますが、車内には響きませんので、会話やカーオーディオを存分に楽しめます。

そして意外に思うかもしれませんが、パワーがあり、加速性能が高いです。 ガソリン車の場合はエンジンがギアを使ってスピードが徐々に上がっていきますが、電気の場合は違います。 発進するときから高い出力を出すことができるので、初速から速いです。

《電気自動車のデメリット》

電気自動車のデメリットは次の3つです。
・充電に時間がかかる
・充電ステーションの不足
・車両本体価格が高い

以前までは航続距離に関する不安がありましたが、最近の技術の進歩は目覚ましく、航続距離問題はかなり解消されつつあります。

しかし、相変わらず問題なのは「充電」です。

一度フル充電にするまでには、急速充電器を使っても60分程度かかってしまいます。 充電ステーションも全国の道の駅等に整備されてきてはいますが、まだ十分な量とは言えず、過疎地域にはほとんどありません。 そもそも充電にかなりの時間を要しますので、充電ステーションが埋まっていては次に使えるのは数十分後になってしまうことも。

航続距離に余裕をもった運転をしていれば回避できる問題ではあるのですが、いざというときに充電ステーションが使えないのは不安ですね。

そして何より本体価格が高いことです。 同クラスのガソリン車と比べてしまうと100万円ほどの差があります。 そのため、イニシャルコストを気にして購入をためらう人も少なくありません。

それでいて、バッテリーの劣化などもあり、買い替えの際に下取り価格を出してもらうと、想像以上に安く出されたという声もあがっています。

電気自動車に乗るなら、廃車にするまで乗りつぶす気でいた方がいいかもしれませんね。

日本の電気自動車の普及率は1%?


日本の電気自動車の普及率をみていきましょう。 日本における電気自動車の販売台数シェアは次のとおりです。
2012年度|0.5%
2013年度|0.6%
2014年度|0.7%
2015 年度|0.6%
2016 年度|0.6%
2017 年度|1.0%
(参考| Global EV outlook 2018 より)

日本における2017年の電気自動車販売シェアは1%にとどまっています。 これにはPHV(プラグインハイブリッド車)も含まれているため、純粋な電気自動車のみでは0.3%と、まだまだ低いです。

とは言え年々割合は増加し、2012年の0.5%からほぼ右肩上がりで推移していますので、今後の動向に期待したいですね。

日本の電気自動車の今後の見通し


今後はバッテリーコストが低下していくため、車両価格が下がっていくことが予想されます。 ブルームバーグニューエナジーファイナンス(BNEF)によれば、2022年にはガソリン車と競合できるくらいの価格になる、との発表がありました。
(参考: BNEF Shocker — Electric Cars Price Competitive In 2022 As Battery Costs Plummet より)

そうなれば、一気にイニシャルコストは下がり、電気自動車が急激に普及することが予想できますね。 電気ステーションの需要もますます高まり、インフラは整っていくでしょう。 他にも水素をエネルギーとしたFCVなども開発は進められていますが、一般発売される見込みはまだ先。 ガソリン車・ハイブリッド車と来て、次は電気自動車が広く普及することが予想できますね。

まとめ

電気自動車の普及率は、イニシャルコストの高さなどがあり、まだ1%。 しかし今後3年、5年後には電気自動車が一気に増える可能性も出てきています。 車屋さんとしてはメンテナンス項目が少なくなることも見込まれますので、今後どのような戦略を取っていくべきか、考えていかなければなりませんね。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事