車屋さんにおすすめの顧客管理ソフトランキング

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

莫大な数の顧客、エクセルでの管理に限界を感じている方が多いのではないでしょうか。 手を煩わせて本業に支障をきたすことがないよう、対策を考えていきます。 貴重な時間を有効に活用するためには、専門分野に特化した方法を上手に利用するのが得策です。 最近では、エクセルよりも入力が簡単で、扱いやすい顧客管理ソフトが多く出回るようになってきました。 種類が多くなると、逆に選びづらくなってしまいますが、車屋さんにとって必要なサービスが充実したソフトを上手く取り入れて効率よく事業を展開してきましょう。

顧客管理ソフトとは?何ができるの?

おすすめの顧客管理ソフト5選

そもそも顧客管理は、なぜ必要なのでしょうか。

顧客の属性情報、ニーズ、取引内容、進捗状況、それらを社員個々で管理するのではなく、企業がまとめて管理、把握することにより生産性の向上、改善をはかり、今後の経営戦略の構築になくてはならない重要なデータを活用します。

もちろん従来のエクセルを利用した方法で運営管理されている販売店もあるでしょう。

しかし、迅速な情報の更新、分析がスムーズにできているとはいえず、結果マネージメントに遅れが生じかねません。これは商機のタイミングを逃しかねない大きなデメリットになります。

自社の課題を明確化し、その解決に一役買ってくれるのが、顧客管理ソフトです。

顧客の氏名、連絡先等の個人情報から、履歴や進捗状況、アフターフォローまで全てを共有し、DMの送付まで漏れのないよう管理し販売促進に向けてのサポートが可能になります。

ほぼ人的ミスが無くなり、仕事の効率が格段に上がります。

エクセルの苦手な社員でも扱いやすいのも特徴の一つといえるでしょう。

導入すればすぐに使えるので、即戦力になります。

また自動車業界に特化したソフトが開発されており、自社の要望に沿ったものが見つかります。

顧客管理のシステムは、クラウド型とオンプレス型がり、それぞれの特徴を比較して、導入を検討しましょう。

クラウド型は自社でサーバーを持つ必要が無く、システムの構築も不要のため、準備期間も短縮できますが、月々の利用料が発生します。

オンプレス型はサーバーを用意し、ソフトを購入、インストールすれば使用期限無く利用でき、月々の支払いはありません。

ただし、障害発生時の社内体制が必須となります。

いずれも費用が発生しますが、無料で使用できるソフトもありますので、試してみるのも良いでしょう。

期間限定で無料のものもあるので、よく確認してください。

また機能制約の内容もチェックが必要です。

車屋さんにおすすめの顧客管理ソフト5選!

数あるソフトの中で、おすすめをご案内していきましょう。

無料でダウンロードして自由に使えるうえに、使用期限も無いので低コストに抑えられます。

自由にカスタマイズして、独自の顧客管理アプリを作ることができます。サーバーも不要、複数台のパソコンで共有、同時に編

集もできる優れものです。

またエクセルと同じ計算式が使えるなど互換性があるのも強みでしょう。

編集を行う度、自動でバックアップされ、更に変更の課程も遡って追跡することができます

 

15日間の無料お試し登録が用意されています。

初めてでも使いやすいと定評があり、編集もしやすくカスタマイズが可能です。

導入時の初期費用が一切かからないため、コスト削減に有効です。

 

こちらも基本的には無料で利用できる優秀ソフトの一つです。

有料でオールインワンのサービスも充実しており、最近急成長している人気の注目ソフトです。

登録顧客数1,000,000件は群を抜いています。

 

初期費用、月額費用共に不要、全ての機能を利用できる人気のソフトです。

顧客のデータを蓄積しランク付け、マーケティング戦略のお手伝いを担います。

 

最後に有料ですが、国内では日産が導入し、ディーラーと販売店が情報を共有することにより正確な顧客ニーズの把握と顧客目

線でのサービスの実現に取り組んでいるケースを踏まえて、あえてリストアップしました。

これまで別々にマーケティングを行い、異なった分析結果に基づいて対応していたため、どうしても両社にずれが生じていまし

たが、このソフトの導入により統一化し顧客への対応が可能となりました。

顧客管理ソフトを利用するメリットは?

大切な顧客の情報をもれなく管理し、ニーズを把握することは、今後の営業戦略の柱を立てて実行していくうえで、

もっとも重要なステップです。

そしてもっとも手を煩わせる作業の一つであるのも、皆さんは痛感されていることでしょう。

そのサポートを担うのが顧客管理ソフトの役割です。

事業全ての作業効率を高めて、無駄に時間を費やさないために、今もっとも必要な手段といえます。

まとめ

エクセルで顧客管理を行うことは可能です。現に利用されている企業も多数あります。 都度仕様を変更しながら、柔軟に対応しておられることでしょうが、膨大化した顧客情報の管理は用意ではありません。 担当者がデータの更新を行うまで状況を把握することができず、また過去の情報との比較もしづらいでしょう。 どうしても営業効率の低下を認めざるを得なくなります。 現代社会において、リアルタイムに対応できないのは致命的なダメージを受けることになります。 正確かつ適切な対応をスピーディーに行えるよう、顧客管理ソフトの導入をご検討されてはいかがでしょうか。