MaaSとはなに?わかりやすく解説!

MaaS(マース)という言葉をご存じですか? 最近出てきた言葉ではありますが、何度かこの言葉を耳にした人もいるのではないでしょうか。 全く聞いたことがない、という方も多いかと思いますので、このページで簡単に解説していきますね。

MaaSとは

MaaSとは

そもそも、MaaSとは何のことなのでしょうか。

MaaSはMobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)の頭文字をとったもののことです。

翻訳アプリで直訳すると「サービスとしての移動性」などと出てきてしまいますね。

では、このMaaSとはどういったものを指すのかというと、国土交通省によれば次のように定義されるとしています。

 

MaaS は、ICT を活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を 1 つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念である。

 

引用:国土交通省ホームページより

 

 

簡単にまとめると、

・マイカー以外の様々な交通手段をひとつの「移動手段」という考え方にまとめる。

・スマートフォンなどの活用で、様々な交通手段の中から最適な方法が提示される。

・ルート案内のみならず、運賃の決済まで行われる。

といった、画期的なサービスとなるものの事です。

ここでいう交通手段とは、電車やバス、タクシーはもちろん、レンタカーやシェアサイクルなどの多くの交通手段が含まれます。

具体的な取り組みイメージについて、次の項目で紹介していきますね。

MaaSの取り組みとは

すでにこのMaaSの取り組みが始まっているのがフィンランド。

その事例を簡単に紹介すると、次のようなものとなっています。

1.消費者はスマートフォンにMaaSアプリをダウンロード。

2.アプリで目的地を入力。

3.アプリから複数のルートや料金が提示され、希望の経路を選択。

4.選択したものの料金をアプリで決済。

5.経路にあわせて移動する。

この仕組みを月定額制で実施しているんです。

 

これだけ見ると、支払い機能がついただけのナビアプリのように思えますが、ここでポイントなのは次の2つ。

1.複数の交通機関同士をつなげて最適なルートを考えられる

2.料金決済がアプリ上で完結する

というもの。

アプリ一つでタクシーを呼ぶことができれば、支払いまで完結してしまうという手軽さが魅力になっています。

これによってどういった変化がもたらされるのかを、次で紹介していきます。

MaaSで何が変わる?

MaaSに期待されるものは、次の5つ。

1.交通機関のさらなる効率化

2.田舎や地方の活性化

3.高齢者の移動補助

4.渋滞の緩和

5.環境負荷の低減

これらのうち、特に1~3の3つは全てつながっているとも考えられます。

というのも、地方の交通機関は利用者が少なく、交通機関そのものが減少し、マイカーが必須な環境になってしまう。

さらに少子高齢化により、高齢者ばかりが地方に残ってしまう。

その高齢者が運転せざるを得ない状況に陥ってしまい、高齢ドライバーの増加。

危険だとわかっていても、移動手段がないためマイカーで運転してしまい、事故も増加してしまう。

などと、地方における交通事情は悪循環の一途をたどっています。

ですが、MaaSの活用によって、こうした問題が解決されるのではないかと期待されています。

高齢者でもMaaSアプリのダウンロードと利用登録を済ませておけば、アプリで目的地を設定するだけで自宅までタクシーを呼び、町への買い物や病院への通院などが簡単に行えるようになります。

こうして高齢者でも積極的に外に出ることができるようになり、経済がまわることで町は活気づきます。

また、すでに交通機関利用料として月に一定額が支払われているため、交通機関としても一定の収入が見込めるようになり、健全な運営の手助けとなります。

そうなれば、無駄な交通機関の運営はなくなり、地方における交通機関の利用料金が安くなる、なんてことにもつながってきますね。

さらに、都市部では渋滞の解消にもつながります。

マイカーの利用者が減り、公共交通機関の利用者が増えることで渋滞が減少。

さらには排気ガスなどによる温室効果ガスも減少するので、環境負荷の低減にもつながります。

良いこと尽くしのシステムであるMaaSですが、導入に至るまでが最も大変です。

日本でも一部私鉄がMaaSの実験を開始しています。

日本でもMaaSが活用できる日も近いかもしれませんね。

まとめ

MaaSは現在、フィンランドやイギリス、台湾で普及が進んでいる状況です。 日本においてはまだ実験段階ですが、着実に進んでいるようです。 少子高齢化による影響もあり、田舎や地方では過疎化が急激に進行しています。 MaaSの普及によって、渋滞や環境負荷低減はもちろんですが、何よりも地方活性化がより進むように期待したいですね。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事