ランクルプラドが人気な理由

2019年、SUV人気が再燃。 とは言うものの、時代の流れによるものか、流行しているのは街乗り向きのコンパクトSUV。 それとは別に、かねてより売れ続けている本格派SUVが存在しています。 それがトヨタのランドクルーザープラド。(以下、ランクルプラド) その人気は衰えることなく、発売されてからは本家ランドクルーザーとともに、ずっとトヨタの販売車種にラインナップされ続けています。 その人気の秘密を探っていきましょう。

ランクルプラドを歴史や需要から紐解く

ランクルプラド人気

ランクルプラドの人気を探るためには、歴史や需要といった背景をみていく必要があります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

《ランクルプラドの歴史》

そもそもランクルプラドは、1984年に発売されたランドクルーザー70系の足回りを軽量化したSUV「ランドクルーザーワゴン」として誕生したことが始まりです。

今ではおなじみの「プラド」という名称は、1990年のランドクルーザーのモデルチェンジのタイミングからなんです。

 

その変遷は次の通りとなっています。

1984年~ J70系ランドクルーザーワゴン

1990年~ 初代プラド J70ライト系

1996年~ 2代目 J90系

2002年~ 3代目 J120系

2009年~ 4代目 J150系(2019年11月現在販売中)

 

ランドクルーザーワゴン・初代プラドは、直線的で箱型のデザイン。

そのクラシカルなデザインが人気があり、30年以上経った今でも人気が衰えていません。

車両の整備はもちろん、オールペン(いわゆる全塗装)などして乗りつづけているコアなファンもいらっしゃいます。

 

2代目は当時人気を博していた三菱・パジェロに外観が似ているとの批判がありながらも、フルモデルチェンジまでの6年間販売され続けました。

1996年の3代目からは、それまでのイメージを一新。

力強さがありながらも、ヨーロッパ風の曲線を活かしたデザインへと生まれ変わりました。

 

2019年現在での現行モデルは、2009年から現在まで10年以上の長きにわたって販売され続けているという珍しいモデルです。

これまでの6年スパンだったフルモデルチェンジが行われず、ロングセラーモデルとなっています。

現行ランクルプラドの全グレード9種類

現行のランクルプラドは、公式サイトを見ると次の3つのグレードにわかれているように見えます。

 

・TZ-G

・TX"Lパッケージ"

・TX

 

ですが、TXとTX"Lパッケージ"にはガソリン車モデルとディーゼル車モデル、さらには5人乗りモデルと7人乗りモデルにわかれているんです。

 

つまり、合計で9種類のグレード設定があることになります。

・TZ-G(ディーゼル・7人乗りのみ)

・TX"Lパッケージ"(ディーゼル・7人乗り)

・TX"Lパッケージ"(ディーゼル・5人乗り)

・TX"Lパッケージ"(ガソリン・7人乗り)

・TX"Lパッケージ"(ガソリン・5人乗り)

・TX(ディーゼル・7人乗り)

・TX(ディーゼル・5人乗り)

・TX(ガソリン・7人乗り)

・TX(ガソリン・5人乗り)

どのモデルを選んでも、安全性能であるToyota Safety Senseは標準装備。

 

燃費は9.0~11.8km/lとSUVのカテゴリーとしては悪くなく、最上位のTZ-Gが最もよくなっています。

維持費のことを考えればディーゼルモデルの方が良いかもしれませんね。

ただし、新車の価格帯が360.4万円~546.3万円と、かなり幅があります。

お客さんにおすすめするにしても、用途に合ったグレードを選定してあげる必要がありますね。

ランクルプラドの需要は?

ランクルプラドですが、実は年式が古くても買取価格が落ちにくくなっているんです。

というのも、国内需要はもとより海外需要が多いから。

 

海外ではランクルプラドの人気が高く、高年式・高走行距離でも思いのほか高く売れることがあるんです。

 

《何故海外で人気があるのか?》

需要の落ちないランクルプラドの海外での人気の理由は、主に次の2つが挙げられます。

・悪路が多いため走破性の高いSUVが人気

・頑丈なボディで車が長持ちする

 

海外の発展途上国では、都市部を除けば未舗装路が多くあります。

そうした悪路を走るためには、やはりSUVが人気があります。

また、悪路を走り続けていると車体にもそれなりに影響が出てしまいますよね。

その点ランクルプラドは頑丈で、ちょっとやそっとでは壊れません。

高年式・高走行距離でも、走破性と頑丈さのあるランクルプラドの需要があり、人気が高くなっているわけです。

信頼性の高い「トヨタ製」というのも、新興国市場ではウケが良いようですね。

まとめ

都会的なコンパクトSUVとは違い、本格派のSUVであるランクルプラド。 直線的でクラシカルな初代から、力強さと美しさを兼ね備えた現行モデル。 海外需要も相まって、中古市場でも値段が落ちにくいのも魅力ですね。 もし今プラドを乗っているお客さんがいて、買い替えを検討しているようなら、 ・こうした背景もあるので高く下取りできます ・次もプラドにしませんか? というアプローチもしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事