海外のレンタカーやカーリース情報

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では駅前でよく見かけるレンタカー。 カーリースも法人では一般的ですが、個人向けカーリースもここ数年で一気に広まってきました。 では、海外に目を向けてみると、それらの事業形態は存在しているのでしょうか。 また、あるとすれば海外でのレンタカーやカーリースといった形態は普及しているのでしょうか? このページでは、海外でのレンタカーやカーリースの現状について紹介していきます。

海外でも普及しているレンタカー

海外でも普及しているレンタカー

実は海外でもレンタカーやカーリースは広く普及しています。

例えば、世界最大のレンタカー会社である「Hertz(ハーツ)」は、2019年現在で世界145カ国に10,000ヶ所以上の営業所があるなど、需要があることがわかります。

各国の国内旅行やビジネスではもちろんですが、海外旅行で来たお客さんへの需要も増えているようです。

今やインターネットに接続できる環境さえあれば、スマートフォンでGoogle Mapなどが使える時代。

現地のタクシーやバスなどを使わず、気楽なレンタカーで移動するという選択肢を取る人が増えているんですね。

アメリカを中心に広く普及しているカーリース

カーリースは、アメリカを中心に広く普及していて、利用率が高いことでも有名です。

そもそも、「リース」という事業形態はアメリカが発祥なんですよ。

アメリカはGM(ゼネラルモーターズ)やフォードといった世界でも上位を争う自動車メーカーがある、有数の自動車大国。

それに、大都市圏を除けば移動手段として自動車は必須です。

そこで自動車を所有しようとしたときに、選択肢としてカーリースが挙がるのは、アメリカではごく普通のことです。

法人のおよそ8割、個人でもおよそ5割がカーリースしているとも言われているんですよ。

カーリースのメリットは、主に2つ。

1つ目は、カーリースであれば基本的に自分でメンテナンスすることはなく、リース会社持ちなので維持するのが楽。

 

2つ目は、使用する期間が決まっていればかかるコストも一定で済むので、生計の見通しが立てられることにあります。

アメリカはもちろん、ヨーロッパにおいても積極的に活用されているんですよ。

ヨーロッパを中心に普及しているカーシェアリング

レンタカー・カーリースとはまた異なりますが、ヨーロッパではカーシェアリングが普及しています。

カーシェアリングはスイスが発祥だと言われています。

ヨーロッパの文化によるものなのか、特にドイツなどは環境問題への意識が高く、カーシェアリングの利用が急速に広まったそうです。

レンタカーだと一日単位でのレンタルが主ですが、カーシェアリングは数十分から数時間というかなり短時間の利用が主となっています。

その分料金が安く、気軽に借りられることがウケているのでしょう。

ただし、利用する前にはカーシェアリング事業者に会員登録が必要な場合がほとんど。

日本でも少しづつカーシェアリングが広がってきていますが、普及率で見るとまだまだ発展途上。

利用者登録などのハードルがもっと下がったり、カーシェアステーションの数が増えて利用しやすくなったりすれば、都市部を中心に広がっていくのではないでしょうか。

その他にも、アメリカやオーストラリアでもカーシェアリングが広がってきています。

まとめ

・レンタカー ・カーリース ・カーシェアリング 若者の車離れは、日本を始めとした先進国では顕著に現れていますから、こうしたビジネスモデルはどんどん広がっていくのではないでしょうか。 カーシェアリングなど、自動車メーカーが取り組んでいるところもあるため、今後の事業形態の多様化はますます進んでいきそうですね。 日本も自動車大国と言われる国の一つですから、流れに乗り遅れないようにしていきたいですね。