Googleやアップルは本当に自動車業界に参入できるのか?

カテゴリ

おすすめ

急上昇ワード

  • 無料相談
  • 車屋さん支援情報
  • 資料請求
  • 新車仕入れ(業販)サービス

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車のIT化が進む中、注目されている2つの会社。 ・Google ・Apple どちらも知らない人はいないほどの巨大な企業であり、IT界のみならず世界でもトップを走る企業です。 有名なものとして、Googleは独自の検索エンジンやAndroid OS、AppleはiPhoneやMacintoshなどが挙げられます。 「世界で最も価値あるブランド」100社ランキングでは1位がApple、2位がGoogleとなっており、名実ともにトップ企業と言えますね。 そんなIT出身の世界トップ企業が自動車業界へ参入する、という噂が出続けています。 GoogleやAppleは本当に自動車業界に参入できるのでしょうか? 参入する理由や、参入するにあたって障壁となるものが何かを考察していきます。

GoogleやAppleはなぜ自動車業界へ参入するのか

自動車業界への参入

そもそもなぜGoogleやAppleが自動車業界へ参入するのでしょうか。

大きな理由としては、いずれの会社も専門分野ではトップを走っている企業。

そのため、さらなる企業成長を図るためには新たな戦場が必要です。

そこで目をつけたのが自動車業界だった、という背景があるようです。

 

ではなぜ自動車業界だったのか。

その背景には、自動車の自動運転化のための安全技術が挙げられます。

人間が自動車を運転している時、非常に多くの情報を頭の中で処理しており、臨機応変に対応しています。

そうやって危険を予知し、事故を防ぐための行動を取りますよね。

その多くの情報を確実に、素早く処理するためには優れたAI(人工知能)が必要不可欠になるわけです。

AI技術はGoogleの得意分野であり、Appleもそれに続いている形です。

自動車業界という巨大な市場に、自分たちの得意分野で参入できる余地があるなら、検討しない手はありませんよね。

参入する障壁となるもの

自動車業界への参入障壁となるものは、ハッキリ言えば特にありません。

Google・Appleは自動車の生産技術は持っていないとはいえ、後述するようにすでに自動車会社との提携を結んでいることもあり、その点に関して参入障壁になるとは考えにくいです。

強いて言うなら、技術開発にどれだけの費用をかけられるのか、また、技術開発の速度をどれだけ高められるのか。

この2点が問題になってくるでしょう。

 

ですが、世界トップを走る企業が技術研究費を出さない、ということは到底考えられません。

結論を言ってしまえば、自動車業界への参入は「時間の問題」と言えます。

今後の展望は?

2019年2月、Googleはルノー・日産・三菱アライアンスと自動運転に関しての提携が報じられております。

Appleは「CarPlay」と呼ばれる自動車との連携に関するアップデートを拡大しており、自動車のスマートフォン化が進んでいる状況。

既に一部カーナビなどに採用されており、後付けでも利用できる仕様となっています。

あとは、いかに自動車運転にマッチしたOSが作られていくか、というところですね。

 

日本企業はそれに対抗するように、トヨタはパナソニックと提携し、ホンダはソフトバンクと提携するなどしています。

2019年7月時点では、日本は独自路線でGoogleやAppleに対抗しようとしているように見受けられますが、この作戦が吉と出るか凶と出るか、それは結果論でしかわかりません。

今後の動きをよく見ておきましょう。

まとめ

昨今の安全性能の進化を見ていると、自動運転が一般化されるようになるのも遠い未来の話ではないのかもしれません。 日本だけではなく、世界の自動車業界は大きく様変わりしていくことでしょう。 その時、果たして自動車の販売形態・利用形態はどのように変化していくのか。 絶えず情報を仕入れて、今後の自動車業界の動向にアンテナを張っておきましょう。